イマーク成分

イマーク成分・副作用

イマーク 成分

イマーク成分

イマークの主な原材料は精製魚油

魚関連のトップメーカーニッスイの本領発揮ですね
イマークの開発には5年を費やしたそうです

 

イマークの原材料 詳細は
精製魚油(EPA・DHA含有)、乳化剤、酸味料、香料
酸化防止剤(チャ抽出物、ゴマ油抽出物
ビタミンE、ビタミンC)
甘味料(アセスルファムK、ステビア)
(原材料の一部に大豆を含む)

 

【関与成分および栄養成分表記】
1本(100ml)あたり
熱量26kcal たんぱく質0g 脂質2.6g 
炭水化物0.5g ナトリウム65mg

 

関与成分 エイコサペンタエン酸 600mg ドコサヘキサエン酸 260mg

 

 

イマーク副作用

イマークの注意書に、「※まれに、からだに合わない場合(かゆみ、発疹など)があります。
その際は飲用をお控えください。」とあります

 

また、「原材料の一部に大豆を含む」とあり
※大豆アレルギー体質の方は飲用をお控えください。
とのことですので、大豆アレルギーがある方は、残念ですが飲用NGです

 

また、※本品は高脂血症の治療薬及び予防薬ではありません。
と書かれています
高脂血症の治療中の方は、イマーク購入前に
かかりつけのお医者さんに相談しましょう

 

イマークを飲んでみようと思った方のために、
はじめての方には10本(10日分)のトライアルセットがあります

 

イマークトライアルセットの詳細や購入方法は、こちらから公式サイトへ


ホーム RSS購読 サイトマップ